社長プロフィール

このページの本文へ移動
カテゴリー選択へ移動
カテゴリー内メニューへ移動
ページ内メニューへ移動

アットイーズ〜もっと気軽にデジタルコミュニケーション〜
視覚障害者・ロービジョンのみなさまの情報コミュニケーション環境創造支援企業

カテゴリー選択

ここから本文

略歴

稲垣 吉彦(いながき よしひこ) Yoshihiko Inagaki
稲垣吉彦の写真 1964年 千葉県出身
1988年 明治大学政治経済学部経済学科卒業。同年 株式会社千葉相互銀行(現:株式会社京葉銀行)入行。
1996年 ぶどう膜炎(原田氏病)および続発性緑内障により視覚障害2級となり同行を退職。同年、筑波技術短期大学情報処理学科入学。
1999年 同学を卒業し、視覚障害者用システム販売・サポートを行う有限会社ラビットに入社。営業部長就任。
2001年 組織変更により株式会社ラビット業務統括部長就任。実務全般を管理するとともに、企業・団体の営業を担当。
2005年 会社都合により、同社退職。
2006年 有限会社アットイーズ設立。同年9月に著書「見えなくなってはじめに読む本」を出版。
2009年 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」ポータルサイトプロジェクト委員。(2012年1月退任)
2010年 国立大学法人 筑波技術大学 保健科学部情報システム学科 非常勤講師。
2015年 東京視覚障害者生活支援センター 非常勤職員。

自らの失明経験を活かし、杏林大学病院、東京大学医学部付属病院、国立病院東京医療センターなどのロービジョン外来開設時に、パソコン導入コンサルティングを担当したほか、郵政省(現:総務省)のホームページ作成時に視覚障害者アクセシビリティーに関するアドバイザーとしても参加しました。

「見えなくなってはじめに読む本」は2008年4月30日をもちまして完売いたしました。
わずかでも拙著がみなさまのお力になれていれば幸甚です。多くのみなさまにご購入、ご愛読いただきましたことを、心より感謝いたします。
本書にご興味をお持ちの場合は、全国の公共図書館で閲覧いただくか、京都朗読奉仕会「ロバの会」様のご厚意で朗読・制作していただいたデイジー図書「見えなくなってはじめに読む本」をお聴きください。

ページ内メニューへ移動

講演履歴

日付 演題 主催
概要
2017年6月7日 有意義な学生生活を送るために〜遠山の目付〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2016年9月4日 視覚障害当事者として伝えたいこと 特定非営利活動法人 目と心の 健康相談室
和光大学ポプリホール鶴川 多目的室で行われた同法人の「第1回相談室相談員養成講座(目と心の健康講座・中級)「相談員の心構えを育てる講座」」にて、医療従事者・視覚障害当事者など主に初級講座修了者を対象に講演。
2016年5月18日 有意義な学生生活を送るために〜人とのコミュニケーションを大切にしよう〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2016年2月28日 完治しない病気とのつきあい方 千葉ロービジョンケア協議会
千葉大学医学部附属病院 3階 ガーネットホールで開催された第11回 ロービジョンケア千葉講演会において、眼科医、コメディカルスタッフ、福祉職員、視覚障害当事者などを対象に講演。
2015年4月15日 有意義な学生生活を送るために〜人とのつながりを大切にしよう〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2014年6月1日 視覚障害に関する私の考え レーベル病患者の会
井上眼科病院 会議室で開催されたレーベル病患者の会にて、レーベル病の患者さんやご家族を対象に講演。
2014年4月16日 有意義な学生生活を送るために〜見えなくなって得たものと失ったもの〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2013年12月11日 見えない・見えにくいという現実とのつきあい方 済生会新潟第二病院眼科
済生会新潟第二病院眼科勉強会にて、医療スタッフ、盲学校関係者、福祉関係者、患者さんなどを対象に講演
2013年9月21日 情報機器の最近の動向と職場での実態〜職務遂行のために求められる本質を考えよう〜 特定非営利活動法人タートル
特定非営利活動法人タートルの9月交流会にて、視覚障害当事者や関係者を対象に講演。
2013年5月18日 パソコンボランティア講習会(Excel 2010) 長崎県視覚障害者協会
長崎県地域生活支援事業としてのパソコンボランティア講習会にて、パソコンボランティアを対象にExcel2010の指導方法について講習。
2013年4月24日 有意義な学生生活を送るために〜生きているということ〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2013年2月16日 情報アクセス機器・ソフトウェアの利用動向と今後の課題 国立大学法人 筑波技術大学
同大学の研修会にて、保健科学部情報システム学科1年生を対象に講演。
2012年4月18日 有意義な学生生活を送るために〜相手の立場を理解するために〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2011年9月2日 事務系職種に従事する視覚障害者の雇用継続に向けた支援について〜就職後の支援プログラムの現状と課題―〜 独立行政法人高齢・障害者支援機構 障害者職業総合センター
障害者職業総合センター 事業主支援部門雇用システム研究担当の専門家ヒアリングにて講演。
2011年4月20日 有意義な学生生活を送るために〜守・破・離〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2010年7月17日 『見えない』を『見える』に 新潟ロービジョン研究会
新潟ロービジョン研究会2010のシンポジウムにて講演
2010年4月21日 有意義な学生生活を送るために〜視覚障害者である前に〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2009年7月4日 ロービジョンケアは心のケアから 新潟ロービジョン研究会
新潟ロービジョン研究会2009のシンポジウムにて講演
2009年6月15日 筑波技術大学生として有意義に過ごすために〜多面的な考え方を身につけよう〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2009年3月14日 中途視覚障害者に対するパソコンインテークの鉄則 東京女子大学 現代文化学部小田研究室
東京女子大学 現代文化学部小田研究室の第115回月例ロービジョン研究会にて講演。
2008年10月26日 患者が「見えるようにならない現実」ときちんと向き合うために〜中途視覚障害の体験から〜 杏林大学医学部眼科学教室・東京都眼科医会
第62回日本臨床眼科学会のナーシングプログラムにて講演。
2008年6月2日 大学4年間で何を学ぶか〜先輩から学生生活へのアドバイス〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2008年4月13日 人生半ばで見えなくなったら 点訳サークル ウィズ
点訳サークル ウィズの定期総会にて講演
2008年2月2日 視覚障害者に対する就労支援 山梨県
山梨県版ジョブコーチ養成講座にて講演
2008年1月12日 ITサポーターへ期待すること〜ある中途視覚障害者の場合〜 東京都障害者ITサポートセンター
平成19年度ITサポーターレベルアップ講座にて講演
2007年11月22日 デイジー図書への期待〜ある中途視覚障害者の場合〜 シナノケンシ株式会社
第2回 デイジー/プレクストーク パートナーミーティングにて記念講演
2007年11月18日 視覚障害者が社会の中でもっと活躍するために 山梨県・山梨県教育委員会・社会福祉法人 山梨ライトハウス
第53回白い杖愛護運動の自立支援講演会にて講演
2007年11月11日 患者として思う 済生会新潟第二病院眼科
済生会新潟第二病院眼科 市民公開講座2007のシンポジウムにて講演
2007年6月23日 人生半ばで見えなくなったら 財団法人高知県福祉交流財団・社会福祉法人高知県社会福祉協議会・高知福祉機器展実行委員会
第6回高知福祉機器展 バリアフリーフェスティバルの視覚ブース特別企画セミナーにて講演。
2007年6月11日 社会人として求められること〜大学4年間で何を学ぶか〜 国立大学法人 筑波技術大学
同大学のフレッシュマンセミナーにて、保健科学部情報システム学科の新入生を対象に講演。
2007年5月16日 視覚障害者を取り巻く環境〜その就労とパソコン〜 特定非営利活動法人 視覚障害者支援しろがめ
同法人の定例勉強会にて、同法人会員を対象に講演
2007年4月22日 これからの視覚障害者情報センターの役割と課題 長崎県視覚障害者協会
長崎県視覚障害者情報センターにて、同センターの新設記念講演
2007年3月28日 人生半ばで見えなくなったら 日本盲人会連合
東京都盲人福祉協会会議室にて、点訳ボランティア講習受講生を対象に講演
2007年3月6日 人生半ばで見えなくなったら 済生会新潟第二病院眼科
済生会新潟第二病院眼科勉強会にて、医療スタッフ、盲学校関係者、福祉関係者、患者さんなどを対象に講演
2003年12月20日 ロービジョン向けパソコンソフトウェアの現状 感覚器疾患学会
国立病院東京医療センターにて、研修会に参加した感覚器疾患学会会員を対象に講演
2003年2月5日 図書館におけるバリアフリーなホームページの作り方 埼玉県立川越図書館
埼玉県立川越図書館にて、主に首都圏の公共図書館の職員を対象に講演

ページ内メニューへ移動

執筆履歴

日付 タイトル 掲載媒体
概要
2007年12月1日 2007私が選んだ今年の5大ニュース 月刊誌
ノーマライゼーション・日本障害者リハビリテーション協会発行
2007年9月25日 想像という名の障壁 月刊誌
点字ジャーナル(リレーエッセイ)・社会福祉法人 東京ヘレン・ケラー協会発行
2007年7月1日 ささやかな願い ウェブサイト
会員コラム Vol.21・特定非営利活動法人 眼炎症スタディーグループ(ウェブサイトに掲載)
2007年6月1日 感謝の気持ち 月刊誌
ノーマライゼーション(1000字提言)・日本障害者リハビリテーション協会発行
2007年2月1日 優しい気持ち 月刊誌
ノーマライゼーション(1000字提言)・日本障害者リハビリテーション協会発行
2006年11月1日 心の通った時間を共有したい〜百瀬友江さん〜 月刊誌
視覚障害(今を走る)・視覚障害者支援総合センター発行
2006年10月1日 純粋な気持ち 月刊誌
ノーマライゼーション(1000字提言)・日本障害者リハビリテーション協会発行
2006年10月1日 国境を越えた視覚障害者の自立を目指して〜社会福祉法人 国際視覚障害者援護協会〜 月刊誌
視覚障害(施設レポート)・視覚障害者支援総合センター発行
2006年8月28日 見えなくなってはじめに読む本 単行本
株式会社大活字から大活字本として自費出版
2006年8月1日 障害の有無を超越してみんなが楽しめる交流の場を提供〜座・スーパーマーケット 代表 田村啓子さん〜 月刊誌
視覚障害(今を走る)・視覚障害者支援総合センター発行
2005年8月1日 福祉新時代を照らす愛の灯台〜社会福祉法人 愛光〜 月刊誌
視覚障害(施設レポート)・視覚障害者支援総合センター発行
2004年9月1日 携帯電話を活用してみませんか!? 月刊誌
視覚障害(ITコラム)・視覚障害者支援総合センター発行
2001年11月1日 視覚障害者の情報処理教育に関する憂い 新聞(点字)
点字毎日(論壇)

ページ内メニューへ移動